AIZE Biz

お問い合わせ・お見積りは

03-3526-2425

(平日10:00-18:00)

デキる会社はやっている!

顔認証勤怠
らくらく導入

アプリだから導入は驚くほどかんたん!
AIZE Bizアイズ•ビズならAI(人工知能)による
勤怠認証が
すぐにスタートできます。

  • スマホからも使える!
  • PCカメラも利用OK!

初期費用→18,000

アプリ使用料、ネットワーク構築費用。
iPad費用は含みません。

月額費用→11,800円〜

1タブレット&従業員100人までご利用の場合

3
導入可能です!

AI×タブレットで
かんたん顔認証

AIZE Bizは、事前に従業員の顔データを登録しておくと、オフィス・店舗の入り口に置いたタブレットを介して
AIエンジンが本人認証し、出退勤を記録します。
対象従業員の勤務表を自動で作成し、出退勤時の顔画像が一定期間残せるので不正な打刻を防止します。

アプリを起動したら画面をタップ→新規登録:顔を写して認証をタップ→未登録の場合、登録ボタンが表示されるのでタップ→新規従業員の名前を入力し、ポップアップ上の登録ボタンをタップ→登録完了
アプリを起動したら画面をタップ→出退勤時の認証:顔を写して認証をタップ→従業員名が表示されたら出勤ボタンをタップ→打刻完了

YouTube動画
「顔認証勤怠やってみた 会社編」

お問い合わせ・お見積りは

03-3526-2425

(平日10:00-18:00)

顔認証勤怠アプリ
AIZE Biz8メリット

お問い合わせ・お見積りは

03-3526-2425

(平日10:00-18:00)

AIZE Bizここがスゴイ 世界最高クラスの顔認証技術

画像認識プラットフォームAIZEは、トリプルアイズが取り組んできた囲碁AIの研究から生まれた、
ディープラーニングによる画像認識プラットフォームです。カメラからクラウドに画像データを送信し、
ディープラーニングの手法でAIが解析します。
世界最大級の512次元の特徴量によって顔の認証率を高めており、正面画像であれば99%の認証率を誇ります。

正面画像なら認証率99%

AIZEでは特徴量を512次元から取っていることが、他社製品に比べて認識率が高い理由
(大手顔認証システムで特徴量100〜120次元)

マスク、サングラスでも同一人物として認識するAIZE

画像認識プラットフォームAIZEとAI活用についてもっと詳しく知りたい方は。

AIZE

お問い合わせ・お見積りは

03-3526-2425

(平日10:00-18:00)

AIZE Bizなら今の
出退勤システムを
そのまま利用して顔認証
連携ができます!

顔認証連携図

*ご相談に応じてお使いの出退勤システムと
のカスタマイズも承ります。

お問い合わせ・お見積りは

03-3526-2425

(平日10:00-18:00)

新機能その① AIZE Biz サーモ
「近日リリース予定!」

「顔認証+自動検温」
でコロナウイルスの
社内感染を防止!

*サーモ機能はオプションです。
別途費用がかかります。

出勤時に従業員の体温を
サーモグラフィで自動検温

AIZE Bizサーモの画面

必要緊急で出社する社員を
コロナから守る!

  • 「顔認証+体温検知」でコロナウイルスの拡散リスクを未然に防止。
  • 勤怠アプリ「AIZE Biz」が社員の体温をサーモグラフィで自動検温します。
  • 従業員は出勤時、iPadで出退勤打刻検温を同時に行います。
    当該データを企業側がコントロールすることで、企業としてのリスク軽減策になります。
  • 勤怠アプリ「AIZE Biz」はiPad、iPhone専用の顔認証 アプリです。
絶対にクラスターを防ぐ!

設定温度を超えていたら認証ボタンは押せません。
アラートメールが管理者に届きます。

設定温度を超えていたら
管理者にアラートメールが届きます。

  • 顔認証の精度は正面画像の場合で98%以上

    事前に従業員の顔データを登録しておくとオフィスの入口に置いたタブレットを介して画像認識プラットフォームAIZEのAIエンジンが本人認証し出退勤を記録します。

  • 管理者にアラートメールが届きます

    体温があらかじめ設定した温度を超えていた場合、管理画面にアラートが出て管理者に通知メールが届きます。
    顔認証によって体温が高かった人を特定できるので、高熱の疑いのある人への問診再検温入室禁止などの措置をとることができます。

  • このようなニーズに対応

    「検温を義務づけているが、実際測っているか心配」
    「工場や店舗スタッフに検温したい」

    1秒でできます

    「設定体温以上の社員やアルバイトを帰らせたい」

    管理者にお知らせメール配信

YouTube動画
「顔認証+自動検温あっという間!」

新機能その② AIZE Biz リモート

「テレワークでも顔認証」
自宅や外出先からも
かんたん打刻!

*リモート機能はAIZE Bizのデフォルトです。
別途費用は発生しません。

  1. スマホからも使える!PCカメラも利用OK!

    STEP01

    PCを立ち上げログイン画面へ。
    簡単なパスワードを打ち込みます。

  2. STEP02

    カメラが作動するので、確認ボタンを押します。

  3. STEP03

    未登録の場合には(初回には)名前を登録します。

  4. 顔認証だから不正な打刻を防止

    STEP04

    2回目以降は本人であることが確認(本人認証)されるので「出勤」を打刻します。

  5. STEP05

    管理者には「出勤」が自動で通知されます。
    終業時には再度同じステップで「退勤」を打刻します。

ちゃんとやってるか?

リモートワークでのマネジャー層の不安解消!

お問い合わせ・お見積りは

03-3526-2425

(平日10:00-18:00)

企業のBCP(事業継続性)
にAI導入は欠かせません。
企業のAI導入は「顔認証」から

災害の発生や疫病の蔓延、働き方改革などで、ビジネス環境は激変しています。各企業は、業務の継続性(BCP)をいかに確保するかに追われています。環境の変化に対応するにはAIの導入が不可欠ですが、何からやっていいのかわからないという声も多く聞かれます。しかし業務のAI化が遅れれば、時代から取り残される恐れもあります。

企業のAI導入は、
次のような流れになります。

  1. STEP1

    業務支援

    人のやることをAI
    が助ける

  2. STEP2

    業務代行

    人のやることを
    AIが代わりにやる

  3. STEP3

    業務拡張

    人がやれないこと
    をAIがやる

STEP1として、勤怠システムからAI導入を始める企業が増えています。
現時点でビジネスで実用に耐えうるAI技術は顔認証が代表的なものだからです。
月々ローコストで始められるAIZE Bizは、既存の勤怠管理システムとも連携することが可能で、導入ハードルが低いのも特徴です。
AIZEはプラットフォームなので、勤怠認証(業務支援)を手はじめとして、STEP2の防犯(業務代行)やSTEP3のマーケティング(業務拡張)など、業務におけるAIの活用範囲を広げていくことも可能です。

画像認識
プラットフォームAIZEを
導入された企業様の事例

勤怠顔認証にAIZE Biz導入

業務支援

株式会社A食品様

コロナから会社と従業員を守る
従業員が分散しながらも勤怠をしっかり管理

新型コロナウイルスの猛威によって、各社は不要不急な業務を減らしテレワークを推進していますが、必要緊急で出社する場合に、いかに従業員の感染リスクを軽減するか、感染者が出ることによるクライアントへの影響を排除するかが最大の課題となっています。
株式会社A食品様は、従業員400人を抱える食品加工業です。今回のコロナウイルス騒動で、これまでのタイムカード式の勤怠管理から、AIによる勤怠認証にスイッチしました。というのも、業務における人の密集状態を避けるために、工場と事務所を分散し、なおかつ本社事務職員はテレワークとしたために、WEBを活用するシステムが不可欠となったためです。トリプルアイズ では、お客様の勤怠管理システムへの連携も含めてサポートいたしました。A食品様では、顔認証勤怠を導入したことにより、多拠点におけるフレキシブルなシフト管理が可能となりました。

顧客管理にAIZE Research導入

業務拡張

株式会社シトラス様

飲食業での新規客、リピーター客の可視化のために導入
リピーター分析ができ、ロイヤリティ向上施策のヒントに

万引き防止システムにAIZE導入

業務代行

株式会社日本防犯システム様

AI×防犯カメラで、マスクやサングラスでも顔認証!
トリプルアイズがセキュリティコンサルティングの
日本防犯システムと業務提携

顔決済にAIZE導入

業務代行

株式会社ヤマダ電機様

量販店では日本初の試み!
ヤマダ電機が顔決済システムに画像認識
プラットフォーム・AIZEを採用

2020年2月28日、当社の画像認識プラットフォーム・AIZE(アイズ)が、株式会社ヤマダ電機(本社:群馬県高崎市、代表取締役社長:三嶋 恒夫氏、以下ヤマダ電機)が展開する顔認証決済サービス「ヤマダPay」に導入されました。
「ヤマダPay」は、ヤマダ電機がLABIカード会員の「ケータイdeクレジット」登録者を対象にYAMADA web.com5店舗でスタートした顔認証決済サービスです。
トリプルアイズの顔認証決済システムによるサービスの実証実験は、2019年11月1日よりヤマダ電機本社内の従業員食堂で重ねられてきました。検証の結果、高い認証技術により、安心・安全な決済サービスをお客様にご提供できる環境が整い、「ヤマダPay」として顔認証決済サービス開始に至りました。家電量販店での顔決済は、日本では初めてです。

お問い合わせ・お見積りは

03-3526-2425

(平日10:00-18:00)

顔認証勤怠アプリ
AIZE Biz導入の流れ

3
導入可能です!

お客様はアプリを
ダウンロードするだけ

  1. STEP1

    お申し込み

  2. STEP2

    iPadにアプリをダウンロード

  3. STEP3

    ネットワーク構築完了のお知らせ

    お申し込みから最短3日

  4. STEP4

    顔認証勤怠スタート

初期費用

18,000

アプリ使用料、ネットワーク構築費用。
iPad費用は含みません。

月額費用

11,800円〜

1タブレット&従業員100人までご利用の場合

お問い合わせ・お見積りは

03-3526-2425

(平日10:00-18:00)

AIZE Biz
お申し込みフォーム

問い合わせ内容をお選びください必須
会社名必須
お名前必須
メールアドレス*確認メールが送信されます。必須
メールアドレス(確認用)必須
電話番号必須

本サービスのご利用には、下記の各規約等をご確認いただき、同意していただく必要があります。